都合のいいカラダ MIYABI

都合のいいカラダ MIYABI のジャケット | h.m.pスマホ動画

出演:
MIYABI
発売日:
2013-07-05
品番:
HODV-20889(V307250)
時間:
02:01 (121分)
種類:
MP4 300K
MP4 1M(ストリーミングのみ再生が可能)
販売価格:
480円(税込)
期限1:
7日間(ストリーミング再生)
期限2:
無制限(ダウンロード後の再生)
ジャンル:
スレンダー / 拘束
レーベル:
h.m.p
シリーズ:
都合のいいカラダ
監督名:
嵐山みちる
前の作品へ
次の作品へ
  • ご購入手続きに進む
  • 会員登録しないで購入

作品紹介

  • 文字を特大にする
  • 文字を拡大する
  • 文字を戻す

No.1ドスケベクイーンMIYABIの5作目にして、h.m.pのラストを飾るのは「都合のいいカラダ」。いきなり始まるのは、寝ている彼女の布団に潜り込み、懐中電灯で照らしてパンツをまさぐるシーン。そしてそのまま寝起きのセックスへ。イラマチオベロキスなどの唾液率高い濃密なカラミ。最後は顔射。そしてお風呂で老人を洗うMIYABI。足の指まで舐めて綺麗にする。フェラ抜き。次は手足を拘束されてイタズラされる。ワンピースに純白のパンツ。背徳感。ローションまみれで犯され、最後はバックゴム中出し。最後は男2人との渾身の3Pセックス電マでイカされ、潮を吹きまくったあげく、バックでガン突き、激しすぎるカラミ。有終の美を飾る今までで最高にエロセックスMIYABIちゃんはこれから更に活躍していくはず。みなさん、彼女の今後を要チェックですよ。

シーンギャラリー

  • ご購入手続きに進む
  • 会員登録しないで購入
  • お気に入りに追加
  • 都合のいいカラダ MIYABI のサンプル動画

関連作品

  • ある日突然監禁され、いつの間にか調教され、終わりの無い強姦の日々・・・。汗と唾液と執拗な接吻は、正常な判断を遮り、監禁され自由を奪われて犯られていた極限状態のSEXから不思議と生れる愛情。危ない橋を渡るスリルが現実になって・・・リアルに犯されたオンナのイキ泣き咽る表情。非日常的状態で燃える男女たち。

  • 思わずいぢめたくなる妹系アイドル=カミマユこと神谷まゆ を徹底的な快感責めで困らせちゃった一作!まずは潮吹きガマンSEXから。クンニ、指ズボ、手マン・・・でジワジワ責め立てられ、異常に興奮しだす彼女。モザイク越しにもアソコがビチョビチョなのが丸わかり。男優が指をちょこっとイジるだけで「出ちゃう!」と思わず叫んじゃったり、潮が出る寸前に、男優が指を動かすのを止めたり・・・等々のジラシPLAYで、カミマユ興奮度MAX!そして・・・。「いよっ!!待ってました」のチンコ挿入!ハメたり抜いたり、ハメ中の潮吹きSEX・・・等々で、結果、敷いてあるベッドシーツが”びっちょびちょ”の濡れまくり(すげー)。今作でNO.1にエロいシーンと断定!その後も様々なガマン設定があるのだが、この1stシーンだけでも観る価値あり。我慢の数だけ快感がある。欲しがりカミマユのおねだり炸裂&ドMっぷりが存分に楽しめる作品になってます。

  • 【完全主観】バリバリのキャリアウーマンで恋愛にも疎くなっていた私。いつも厳しく接していたダメな部下が日々成長していくうちに好きになってしまった。二人きりで真面目一辺倒な私をメチャクチャにしてほしい。一晩でヘンタイなM女に調教されてしまうような私でも付き合ってくれる?

  • 2005年5月にAVデビュー&ギャル系のルックスとキュートなキャラで一躍トップアイドルの座に躍り出た「倖田梨紗」の一本限りの復活作!豊田薫、カンパニー松尾、嵐山みちる という実力派監督たちが、それぞれ独自の切り口で倖田梨紗の実像に迫っている。まずは、豊田薫監督パートから。鉄格子セット中でのインタビューから始まり、スマホ動画サイトを見ながらのオナニー、フェラ抜き(舌射/ごっくん)へと続く。その後、舞台が変わり、口レイプ(嗚咽&涙)、男優の顔をいやいやビンタしながらのSEX・・・という王道ながらもエグい内容がスゴイ。次の、嵐山みちる監督パートでは、かつて交際していた「とあるAV男優」との再開を軸に、それぞれのインタビューを通して浮かび上がる6年越しの真実が描かれている。次々に男を乗り換えてしまう彼女の依存症的性格(=「チェーンラブ」)が原因で、何も伝えずに恋人の元を去る彼女・・・。ただただその事実を受け入れるしかない男・・・。付き合っていた頃の雰囲気を再現したSEXから透かし見える「本当はこうありたかった」2人の関係性・・・。過ぎ去った時間の切なさが身に染みる、リアルを超えたSEX!儚くも美しい映像&素晴らしい構成に拍手。最後のカンパニー松尾監督パートは、彼女が収監されていたという福島刑務支所を2年ぶりに訪問したドキュメント。「なんか初心に帰りますね、ちょいちょい来たほうが良いのかも」と苦笑いを浮かべる彼女。道中、福島刑務支所の話、クスリの話、AVの話、自己の依存症的性格・・・などが吐露されていく。ラブホテルでの熱いハメ撮り後、まだ踏まれていない雪原に一歩一歩自分の足跡を付けながら歩く彼女。「自信がない」と呟く彼女に対して、「根拠なくもっと自分を信じてもいい」という最後のテロップが心にズシンと響く。