絶対終わらせない限界射精SEX 浅倉愛

絶対終わらせない限界射精SEX 浅倉愛 のジャケット | h.m.pスマホ動画

出演:
浅倉愛
発売日:
2014-05-02
品番:
HODV-20970(V313570)
時間:
02:05 (125分)
種類:
MP4 300K
MP4 1M(ストリーミングのみ再生が可能)
販売価格:
590円(税込)
期限1:
7日間(ストリーミング再生)
期限2:
無制限(ダウンロード後の再生)
ジャンル:
レーベル:
h.m.p
シリーズ:
絶対終わらせない限界射精SEX
監督名:
ヘイキチロウ
前の作品へ
次の作品へ
  • ご購入手続きに進む
  • 会員登録しないで購入

作品紹介

  • 文字を特大にする
  • 文字を拡大する
  • 文字を戻す

絶滅の危機に晒されているサドAVアイドル愛ちゃんが肉欲獣となってチンポ鷲掴み!断末魔の悲鳴を上げて射精するイキも絶え絶えの男優さんを見て小悪魔スマイル連発!責められるのも大好きなわがままなSっ娘は執拗なアナル舐め口撃にマン線決壊!長過ぎるお掃除フェラチンポを全く休ませない強欲っぷり!

シーンギャラリー

  • ご購入手続きに進む
  • 会員登録しないで購入
  • お気に入りに追加
  • 絶対終わらせない限界射精SEX 浅倉愛 のサンプル動画

関連作品

  • h.m.p史上、最高にミステリアスなAV女優=浅倉愛の第2弾!某人気テレビ番組の『テ●スハウス』っぽいオシャレな雰囲気が漂ってる本作品。そんな、ドキュメント風シチュエーションの中で語られる浅倉愛の「自然な」笑顔&トークの魅力が存分に引き出されている辺りが素晴らしい。他愛のない「初体験トーク」から始まる恋人同士のようなナチュラルSEX、痴女風に男を責め立てるフェラ抜き、オイルでテカテカに照り輝く全身を電マ等で責められてからの極上フルコースSEX、ホテルでの超ハード&ドMモード全開SEXの合計4チャプターを収録。大人っぽいイメージ&飾り気のないリアルな浅倉愛のエッチが存分に堪能できる一作となっております。

  • 2014年上半期、h.m.pからはすごい新人が続々とデビューしちゃったのです!そんなわけで様々なランキングの上位を独占した期待のニューカマー6人をドドーンと紹介しちゃいます。ちょいぽちゃマシュマロ系Fカップの長谷部ゆい、史上最高にミステリアスな「処女宮」の浅倉愛、元気でCUTEでノリノリな青山未来、元アイドルのぷるぷるおっぱい宮崎夏帆、アナルも感じちゃう完璧スタイルの穂高ゆうき、175cmモデル級Gカップボディの佐伯ゆきな・・・個性豊かな6人の新人のデビュー作から抜けるHシーンを厳選しております。笑いあり、驚きあり、涙ありのドラマがつまった彼女たちのドキドキとわくわくが交錯するAV初体験は感涙ものなのですッ!!もぎたて果実の初々しいエロスを4時間たっぷりお楽しみください。

  • 愛ちゃんファンが嫉妬するくらいネチネチの『接吻(ベロチュウ)』『ごっくん』『ナマ撮り』に拘った4作目!糸引く激しいベロチュウキスからの唾液交換に嫉妬マラがギンギン!Sっ娘の本領を発揮する乳首、アナル、金玉の3種舐めも絶好調!激烈激しいフェラにうらやま汁がだだ漏れ!流出映像さながらのラブラブハメ撮りに寝取られ気分が高まる!

  • h.m.p史上、最高にミステリアスな大型新人=浅倉愛のデビュー作!果てしない透明感と、消えてなくなりそうな儚さ・・・。観れば観るほど謎に包まれる不思議なオーラを持った女の子・・・。本作は、そんな彼女の「AV女優誕生の瞬間」を見つめた3日間のドキュメント作品となっている。撮影初日。リラックスして撮影に望んでもらうため、まずは、監督と女優の一対一のインタビュー。照れ隠しに笑みを浮かべたり、透明感のある瞳で相手を見つめ返したりの繰り返し。しかしながら、その表情から醸しだされる息を呑むほどの美しさに、正直、脱帽!その後、男優の待つホテルへ向かい、AV初SEX。ねっとりと絡みあうディープキスを交わしていく内に、徐々に彼女の視線が妖艶でエロい表情に変わっていく。全身の緊張が解けていき、正常位からの顔射フィニッシュのフルコースSEX。撮影2日目は、多人数スタッフでの収録。キレイなスタジオでのSEX場面。キスから始まるSEX。初エッチの時の緊張感もやや薄れてきたのか、途中、AV初潮吹きするなど感度良好・・・だったのだが、この後、ちょっとしたハプニングが起こる。SEXの途中、突如、彼女の目から一筋の涙がこぼれ落ち、撮影が中断してしまう・・・(と、その辺りの顛末はぜひ本編でご確認ください)。その後、薄暗い空間でのリアルなオナニー場面をはさんで、いよいよ撮影最終日へ。ラストはハード系のSEX場面。彼女自身、次第に撮影にも慣れてきたのか、激しいディープキス、手縛りされながらのフェラなど、終始、痴女目線の極上SEX!最後は、顔射フィニッシュで締め。身体のエロい火照りが抑えきれなかったのか、その後もオナニーをし続け、そのままイキ果てる・・・。「浅倉愛を一言で言うと?」という監督の問いかけに、「(悩んだ末に)・・・”私ってなんだろう”・・・が、私かな。それが浅倉愛です♪」と禅問答的な答えを残しつつ、謎の微笑みを浮かべる彼女。天使のようにほほ笑んだ瞬間、遠い目をしたり、涙を流しながら笑ったり、恥ずかしがり屋なのに甘えたり・・・。本作では色んな彼女が見られた気がする。しかし、全てが本当の彼女じゃないような気もする。でも・・・。だからこそ心に残って気になってしまう存在、それが処女宮女優=浅倉愛の魅力なのである。