ザ・リアル 加納瑞穂

ザ・リアル 加納瑞穂 のジャケット | h.m.pスマホ動画

出演:
加納瑞穂
発売日:
1998-12-25
品番:
TSV-031(V321020)
時間:
00:56 (56分)
種類:
MP4 300K
MP4 1M(ストリーミングのみ再生が可能)
販売価格:
480円(税込)
期限1:
7日間(ストリーミング再生)
期限2:
無制限(ダウンロード後の再生)
ジャンル:
ハード
レーベル:
SAMM
シリーズ:
ザ・リアル
監督名:
石川欣
前の作品へ
次の作品へ
  • ご購入手続きに進む
  • 会員登録しないで購入

作品紹介

  • 文字を特大にする
  • 文字を拡大する
  • 文字を戻す

囚われた女スパイが受ける責めの数々。縛られた肌を愛撫され、濡れてしまったスパイが味わう恥辱。サムが誇る過激シリーズで生身の瑞穂がムキだしにされてゆく・・・・・・

シーンギャラリー

  • ご購入手続きに進む
  • 会員登録しないで購入
  • お気に入りに追加

関連作品

  • 成瀬心美をオモチャとして飼うという夢のような設定。飼い主は神男優・吉村卓。まず、ベロキス~脇舐め~アナルドリルで「ここみん」にマーキング。腰振り騎乗位~開脚騎乗位からのハメ潮がすごい。最後は顔射。そして飼い主の知り合いの男をお風呂で接待。フェラ~最後は手コキ。そしてバイブや電マでイカされまくりで、潮を吹きまくり。さんざん潮を吹いた後に、たっぷり放尿。どれだけ潮を貯蔵してるんだ。そして、またまた他の男にレンタル。このセックスがとにかく濃厚ですごい。ガンガンに騎乗位で責められ、ビシャビシャにハメ潮を吹きまくり。ハードで抜けるすごいセックスが展開される。終わった後は放心状態で涙がポロリ。

  • 自分の妻が一番変態だった・・・電車の中で中年男に痴漢され、その愛撫を受け入れる女子校生。夫では満たされない欲望を出会い系サイトで男を漁り変態プレイにふける人妻。痴漢、レズ、SM、3Pとふたりの飢えた痴女の欲望は限りない。

  • 亜希菜ちゃんの待望の7作目はトリプルキャスト!文字通り、亜希菜ちゃんに加え、2名の女優が投入されているのですが、それが熟女シーンでは超有名な「浅倉彩音」と、サオ有りニューハーフの「綾香」という強力布陣。渡る世間は変態ばかり、というサブタイトル通り居酒屋の若女将(亜希菜)に次々と変態なことが降りかかります。まず、出前先の童貞君をやさしく騎乗位挿入で筆下ろし。最後はゴム中出しでこってりザーメン。そして義理の父親と強烈なバイブ責め~騎乗位メインのSEX。義姉(熟女)との双頭ディルドで本気レズプレイ。義兄(ニューハーフ)とのSEX。男1人を3人で弄ぶ4P。最後は男3×亜希菜、熟女、ニューハーフの乱交。これ必見です。この1年で一番すごいカラミ。こんなエネルギーに溢れた濃密なSEXはなかなかお目にかかれません。普通の人はドン引きしそうな状況なのに、亜希菜ちゃんは本気でぶつかり本気で感じているところがまたすごい。更に、ドラマの設定で地味な服を作品中で着てるんですが、それがリアルで最高。エキセントリックな場面と、ベタできっちり抜ける場面が両方入ったかなりオススメの作品。3時間30分が長く感じない良作です。★★★★★

  • 「・・・誰かにとっての特別ってないのかもしれない・・・トラウマをありがとう」涙ながらに語る本田莉子。そんな意味深なオープニングで始まる本作品。この作品は、”人と向き合うこと”をテーマに、主演の本田莉子&女性監督の真咲南朋、そして、ひとりのAV男優との3者による”精神的領域にまで踏み込んだ”ドキュメントである。仕事の枠にとらわれないSEXをしてみたいと語る彼女。そして現場にやって来るのは一番のお気に入りのAV男優。この2人は果たして「ほんきのセックス」が出来るのか?「そのキャラ、作ってるでしょ?」と、周囲から疑惑の目を向けられて来たことに対し、深く傷ついていた彼女。男優は、その独特のキャラが”作ってるわけじゃないことは分かっている”と伝える。その一言をきっかけに、急速に縮まっていくお互いの距離。やがて甘い映画のワンシーンみたいに恋愛感情の芽生えが訪れ、いちゃいちゃ愛しながら、虚飾を取り払ったSEXへ。男優に心を許し、ある種の恋愛感情にのめり込んでいく彼女。「他の女の子が出てくる話をしないで・・・」盛り上がって止まらない”好き”という感情。しかし、その気持ちが前へ前へと傾いていくに内に、この作品の裏テーマである『嫉妬心』がじわじわと浮かび上がってくる。本田自身も自己の嫉妬感情に関しては「鬼っす!」と独特の表現で答えている通り、のめり込んだら止まらない依存体質なのだが、この後、彼女の中にある”心のひだ”を鋭くえぐるような”とある実験”が行われる。それは彼女の嫉妬心を煽ること。そして、本気のSEXを撮ること―。 ここからの衝撃の展開はぜひ本編を観て欲しいので割愛するが、素晴らしいという賛辞の言葉と同時に、彼女のファンにとっては目を背けたくなるような場面も多数描かれている。でも。いや、だからこそ、お仕事モードを超えた生身の本田莉子が見られるはず。ぜひとも目を背けず観て欲しい一作!